スポンサーサイト

2016.04.12 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ゲームの話題

    2012.06.09 Saturday

    0
      NEWラブプラスの日付のバグが発生して一週間も愛花の時間が進んでるキャラがいる。
      時間進められても戻せないので、そのままかいづれは削除してやり直しだわ。

      攻略サイトを調べたら、時間止める方法があったのでそれを少しずつ行っているが、24時間×7日という先が遠い作業になりそうです。1か月で元に戻るようにしたいが、ニンテンドー3DSが壊れない事を祈ります。

      今週はE3の話題でいっぱいでしたが、一番の目玉は任天堂のWii Uの発表でしょうかね。
      SNS機能があったり、携帯型のゲームリモコンなんかが目玉ですね。

      あと、スクウェアエニックスの新スタジオのリアルなFF風の映像なんかも凄いですが、外国に頼らないとあれだけのCGや映像が賄えないのは不安です。FFシリーズ自体は日本国内の会社で作るらしいですが、より映画的なリアルな映像が海外に任せような感じですね。

      コーエーテクモゲームズのDOA5なんかも注目してます。

      ゲームの開発費

      2010.02.25 Thursday

      0
        もっとも開発費が高かったゲーム TOP10
        http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/
        1002/24/news074.html


        1位 Grand Theft Auto IV(約1億ドル)
        2位 グランツーリスモ5(約8000万ドル)※未発売
        3位 シェンムー 一章 横須賀(約7000万ドル)
        4位 Too Human(約6000万ドル以上)
        5位 メタルギア ソリッド4(約6000万ドル)
        6位 Halo 3(約5500万ドル)
        7位 All Points Bulletin(約5000万ドル)※未発売
        8位 LA Noire(約5000万ドル)※未発売
        9位 ファイナルファンタジーXII(約4800万ドル)
        10位 KillZone 2(約4500万ドル)

        3Dソフトや高性能PCやサーバーなど開発設備費、ソフトを売るまでに開発者に支払う給料などの経費とか考えると、先行投資でかなり注ぎ込まなければなりそう。ファイナルファンタジー擦粒発ときは3Dを本格的にスクウェア(スクウェア・エニックス)が導入したときだったので、あのときは相当設備投資したでしょうね。しかもFF擦発売される前に96年にPSで一枚だけ発売されたソフトがトバルNo1のみで後はSFCのソフト数本だった記憶があるから、かなり赤字だったんじゃないのかなと当時は私は学生だったけど思った事がある。

        グランツーリスモ垢呂修貭凄いというのか!? 期待してしまう。
        メタルギアソリッド4は相当開発費掛けている事は分かるわ。

        月が綺麗に見える日

        2010.01.30 Saturday

        0
          うちの部屋の窓からでは逆方向なのかその満月とやらが見えん。
          外に出て見てこようかしら。

          ラストストーリーはFFに対抗する気かな
          http://www.famitsu.com/game/news/1231677_1124.html

          坂口博信氏が率いるミストウォーカーのWii向け新作RPG『THE LAST STORY(ラストストーリー)』はご自身が作り上げたファイナルファンタジーシリーズに対抗するつもりなのかな?

          PS Home上で開催された『アイドルマスター』ライブを緊急リポート!
          http://www.famitsu.com/game/news/1231671_1124.html

          せっかく、プレステ3を買ったのだから、こういうの試してみたいかも。
          そういえば、プレステ3をまだネットに繋いでいないのよね。


          twitterやってます。
          http://twitter.com/chaviken
          フォローはご自由にお願いします。

          ファイナルファンタジー論

          2010.01.28 Thursday

          0
            この間、プレステ3と一緒に購入したメタルギアソリッド4をやる時間がない。

            なので、ファイナルファンタジー13の購入はそれ程急いでいないので、もう少し安くなるまでAmazonなり電気屋なりの値段を見て様子を見ている。

            なぜか転売屋が新品を安く売っているのだが、Amazonで買うと今は7300円ぐらい。一時的に6300円ぐらいのときもあったが、2〜4週間後に発送とか書いてあったのでスルーした。これ、暫く待つと絶対に全ての相場で安くなると思う。

            そのFF13はあまりに不評だが、私自身はFF擦離▲疋戰鵐肇船襯疋譽鵑防嫗阿靴討い紳慮拡任罵靴鵑生造蠅任蓮■達妊燹璽咫爾篝鐺シーンの切り替えは素晴らしいが、そのバトルシステムがあまりにも気に食わない。私的には昔のパーティー全員にATBシステムが割り当てられる仕組みの方が好きで、多分、製作者側は臨場感を上げるためで行ったかと思うが、リーダーキャラクターのみのコマンドしか選択できず、あとのパーティーがただのNPCで勝手に戦っているようであまり宜しくない。一人で戦うことが臨場感を上げるとすればアクションPRGでも作ればいい。

            ただ、坂本真綾さんがライトニングの声を担当している事は評価しょう。


            ファイナルファンタジーを振り返る。

            ○FF1
            ファミコン絶世期の87年12月のPRGとしては凄い出来だったと思う。
            思えばこの頃からバトル以外はドラクエのスタイルではあるが、ドラクエよりも一本道だったと思える内容だった。あと、ポーションの値段が高かったとかそんな記憶しかない。
            ラスボスと戦う前のセリフとEDの意味がよく理解できなかった。

            ○FF2
            レベルという概念がなく、仲間同士攻撃してHPの最大値を上げ捲くったゲームだった。
            フィールドが最初から世界一周出来るように繋がっているため、遠くに行き過ぎると強すぎる敵と戦う事になるという自由度も高かった。あとラストダンジョンがセーブもないのに長すぎるという不満があった。

            ○FF3
            私が最初にFFを知った作品。ジョブチェンジシステムはドラクエ3の転職よりも斬新思えた。
            ラストランジョンがやはり長いのにセーブがないのが大変だった覚えがある。
            ニンテンドーDSで遊んだときは中断出来るから、それだけでも楽さは違ってくる。

            ○FF4
            強制イベントはこの頃から多くなったが、ストーリー展開、キャラクターの個性、音楽とも申し分のない作品だった。この頃のFFからダンジョン内でもセーブ出来るようになったから嬉しかった。

            ○FF5
            FFシリーズで最初にまともにクリアしたゲームがこの作品からだった記憶があります。
            ジョブアビリティーシステムからストーリー展開まで全てがよかった。
            FF4のような仲間同士が戦うようなシーンがなかったのがマイナス。

            ○FF6
            キャラクターが多くて、それぞれのキャラクターにテーマ曲があるのがよかった。
            崩壊後の世界の自由度の高さは素晴らしかったわ。
            前半は一本道でもいいけど、今のFFにあれだけの自由度がほしい。

            FFで遊んだ順番
            FF3(クリアせず) → FF5 → FF4 → FF1&2 → FF6
            FF3(クリアした) → FF7 → FF8 → FF9 → FF10 → FF12

            FF11は14日間の体験版をためしたが、PCなので操作がややこしくて全くハマらなかった。なんか街の中をウロウロしただけで済ませたので、バトルは体験しておりません。

            FFはなぜ面白くなくなってしまったのか。
            FF10までは面白かったと思います。一本道でCGムービーメインだけどストーリーが壮大だったし、バトル中にパーティーを入れ替える事が出来たりと、あれに戻してもらいたいと思うほどの出来がよかった。

            ただ、FF10からワールドマップ形式のフィールドで飛空挺を自由に操作できなくなったのはマイナスでしょう。FFといれば、チョコボと飛空挺とシドは譲れない存在あったけど、最近のFFはあまりそれらがパッとしない。というか、いつの間にシドの扱いが敵の役になっている事が多いのは気のせいでしょうか。

            FF13の話に戻るけど、街で買い物でなくセーブポイントで買い物というのはマイナスですね。
            せめて商人から買い物出来るぐらいの事は維持してもらいたい。

            あと、FFといえば坂口博信氏でなければとも思ったときもあるんですが、あの方はフルCGの映画ですべりましたから、もしあのエイリアンのような要素をFFで取り入れるならば、今とあまり変らないかもしれない。

            私が望むFFは天野喜孝イメージを生かして、ATBバトルを復活させて、ワールドマップ形式のフィールドで飛空挺を自由に操作できるような従来のFFで、シナリオやキャラクターが新しければそれでいいです。あとは植松先生の音楽に戻してもらいたいです。

            プレステ3を購入

            2010.01.14 Thursday

            0
              これ持って買えるときに思ったよりも重かった。
              PS3

              今日は仕事が休みだったので、ゲーム屋などでいらないソフトを処分した後に某大手電気屋に行き、所持金とゲーム仕分けした後のお金とポイントカードをいくらか使って、前々から購入を検討していたプレステ3を購入した。新型のPS3−2000だが、思ったよりも軽量化されておらず重たかったわ。

              ファイナルファンタジー13をそこで購入しようとしたら売り切れていたわ。
              先程のゲーム屋にだったらあったかもしれない。

              本体を持っていないのに、かなり前に安売りしていたFF擦離屮襦璽譽い留覗作品を購入していたので、そのおまけのFF13体験版を遊んでみたんだけど、本当に映像は凄いね。ただバトルがリーダーのコマンド選択だけが出来て、仲間のNCPは全く操作も出来ず、一人で戦っているようなRPGですね。近作はFF10よりも一本道と聞くが、この体験版で遊んでもそれを実感できるわ。

              本体と一緒にメタルギアソリッド4のザ・ベスト3300円ぐらいで売られていたので、それを購入したんだけど、兎に角スケールが凄いとしかいいようがない程のゲームですわ。どこまでリアルになれば気が済むのでしょう。

              PS3はネットに繋げて、昔のPS1のソフトを購入して遊べたり、PSPと連動できるのが凄いです。あと地デジとも連動できる端末が発売されるらしいので、注目のマシンですね。

              ただ、あまりに大きいので場所を取るため、使わないときにどこに仕舞うか悩みます。あまり部屋に放置しておくとホコリが溜まってしまうので、どこかに収納はしたいものです。


              買い物して、帰宅してゲームしていたら、あっと言う間に夕方ですよ。

              地元から富士山
              よい天気のおかげで富士山がよく見えました。
              実は、建設中の東京スカイツリーも見えたりする。
              (それを写真に撮ってしまうと家がバレてしまうものが写るので削ってます)

              そういえば、さくらやが全店閉店するらしいですね。
              新宿のホビー店でロマンシングサガ・ミンストレルソングを発売日に購入して、元スクウェアの作曲家の伊藤賢治氏にサインを貰った記憶が新しいです。それ以外は利用した事のないお店でした。
              「安さ爆発、みんなのさくらや〜」というCMを思い浮かべます。
              ヨドバシカメラやビックカメラやヤマダ電気との競争に勝てなかったのですね。

              あと、吉祥寺の伊勢丹が閉店セールを行っているという情報ですが、伊勢丹は比較的にメインステーションから遠いデパートというイメージがありますね。デパートは特に不況なので、駅から遠いのは致命的だと思います。

              それでも地域に馴染んだお店が閉店というのはキツイですね。

              ファイナルファンタジー13に思う

              2009.12.17 Thursday

              0
                ファイナルファンタジー13が本日発売。

                初回出荷180万本、新作「FF13」発売 酷寒の渋谷に350人
                http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091217-00000502-san-bus_all

                渋谷のTUTAYAで恒例のFFシリーズ発売イベントがあったらしく、12のようにスクウェアエニックス社長の和田氏の参加以外にもプロデューサーの北瀬氏とか芸能人の優木まおみさんなどが出席するという理由も手伝ってか、平日にも関わらず350名も並ぶとは気合は入っているね。

                今休みの大学生とか、今日のために仕事を休んだ人とか、その他色々な方が集まられたと思うが、和田社長が来ようが優木まおみさんが来ようが徹夜してまでゲームを買うのに並ぼうとは思わないわ。

                私ならば、徹夜してゲーム買った場合、それから帰宅してゲームをぶっ通しでプレイしたら倒れます。

                FF13に関しては、ファミ通では4名の中で3名が評価10を付けていたが、お一人だけ評価9を付けられていたが、FFといえば中盤まで一本道が横道なので、その中でギミックでもない限り、強制イベントばかりでCGムービーばかりだったら、評価10は付けたくないですね。ファミ通の評価が全部10になるにはレビューをする編集者が誰に選ばれるかに寄って違ってくると思うのですが。前作FF12のパーフェクトで全員が評価10はあり得ないです。

                前作12作目は自由度が高かったけど、レベルをあまり上げずにイベントを進めてしまうとかなり痛い目に遭ったので、私は従来のFFのように中盤までは一本道でもいいと思います。ただ8作目のように一度取り忘れたアイテムや召還獣はやり直さない限りは取り戻せないのはイヤですね。

                ちなみに、私はまだ購入しておりません。
                PS3すらまだ購入してないので、来年になったらセットで購入しようかと思います。
                私もFFといえば、発売前はお祭りモードだったんですが、ここ最近はそうでもないです。テレビCMの先生は今日からお休みに入っているのでしょうね。

                あれだけのスケールの作品だからテレビも思い切って新型の液晶テレビにしたいとか思ったり。そうすると地デジ対応のため、ビデオも買い換えなくなり凄い予算を組まなくなるわ。


                ときめきメモリアル4が、あまり売れていないようですね。

                出荷本数47469本はギャルゲーとしては売れているほうかもしれないけど、それを考えるとラブプラスはギャルゲーの中では久々の大ヒットなのでしょうね。

                マンネリ化はしていなかったと思うので、もう少しヒットするかと思いました。

                思えば『ときメモ』って、普通は同級生(先輩もあり)で知り合った程度ではデートに誘っても、絶対に断られるでしょう。好きです付き合ってくださいと告白してから受け入れてもらってから、デートのお誘いが成立するもので、それを思うとラブプラスの友達パートで告白を受けてから恋人パートでデートしたりするというのが正論なのかもしれない。


                ここからはゲームとは関係無いけど。

                お昼のスタジオパークで水樹奈々さんの出演があると知って録画してみました。
                200円払えば一般入場出来たみたいですが、FF13で350名も並んだのだから、これなんかも凄い混んだでしょうね。いつものようにハガキ抽選にした方がよいのではと思ったりします。

                水樹奈々さんの歌の披露は放送ではありませんでしたが、途中で他のVTRが流れている間に何か曲が披露されたのかは知りませんが、歌手や声優を目指す子供時代の頃の事とか、既にネットなどでは知ることが出来る生い立ちなども、実際にテレビで聞くとよいものですね。


                アニメのお話

                今日のアニメ『銀魂』は前半は笑い、後半は感動してしまったわ。
                凄いオチが上手すぎる。

                『銀魂』は長谷川の話が一番面白いと思う。
                他人事ではないと思わせる内容だから面白い。


                地獄少女
                携帯電話(PCも?)の地獄通信にアクセスすると地獄少女にワラ人形を貰い契約でき、復讐したい人ひとりだけを地獄に送る事が出来るが、その代わり依頼人も死んだときは地獄をさまよう事になるという恐ろしいストーリー。

                TOKYO−MXでしか前は見られなかったんだけど、テレ玉でもアニたま枠で見れることに途中から気が付き3話目辺りから見ているのだけど、最初は隣のイヤガラセおばさんとか復讐出来て清々しく見ていたけど、終盤になるにつれて複雑な内容になり、復讐する理由も短絡的ではなく複雑で見応えがあるように感じるわ。

                DVDのCMで「地獄少女が必要な意味が漸く分かった」って言うセリフが気になりますね。
                私的には、本当に殺したいぐらい憎い相手に復讐するならば、直接刺すなり撃つなり叩くなりすると思いますけどね。アニメの中の依頼人もそれ程の理由でもないのにワラ人形の糸をといでしまうのは勿体無いという気持ちになる。ただ、恨みを晴らしたいと思ってもどうしてもそれが自分では出来ないので仕方が無くという気持ちは私にもよく分かります。

                これ、お互い憎しみ会う二人が、同時に地獄少女を呼んだら面白いかもしれない。

                小沢を相当憎んでいる人はこの世の中多いと思うが、流石に自分を犠牲にしてまで地獄少女を使って復讐する人はいないでしょうね。

                だったら、デスノートの方が多くの悪者を殺せるので大半の人々はデスノートを選ぶと思うわ。
                デスノートがあれば、小沢とかその他色々と憎ったらしい奴がいるので、死因も物凄い濃厚なシナリオを書き、心臓麻痺なんて簡単な死に方はさせませんよ。

                書いていて恐ろしい事を考えている事に気が付いたのでここまでにしておこう。

                ときめきメモリアル4

                2009.12.05 Saturday

                0
                  ラブプラスときメモ

                  昨日、ラブプラスで愛花モードの夢イベントでこれが出てきたわ。
                  これ攻略本読んでれば既に知っている人も多いけど、過去のときメモシリーズの発売日に起動すると、この夢イベントが出てくるようですね。

                  Amazonで予約していた『ときめきメモリアル4』が今日の夕方届いたが、まだ遊んでおりません。
                  それ程遊びたいとも思わなかったんだけど、なんとなく勢いで買ってしまったわ。

                  ゲームの話題

                  2009.10.29 Thursday

                  0
                    ここ数日、風邪気味でしたが、更に悪化した模様。
                    インフルでも新型インフルでもない、ただの風邪だから病院でも貰ったクスリ飲んでれば回復するかと思うが、治っていない。

                    ニンテンドーDSi LL詳報! DSiウェアが3タイトル内蔵!
                    http://www.famitsu.com/game/news/1228985_1124.html

                    ニンテンドーDS Liteと比べて2倍近い大型液晶画面(93パーセント増)を実現したニンテンドーDSi LLですが、大きくなったことにより、ポケットに入れたりと持ち運びが不便になったような気がします。携帯ゲーム機をカバンに入れるタイプの人には何の影響もありませんけど。

                    これでラブプラスを遊んだらサイズが大きくなってスキンシップが更に大変な作業になりそうな。

                    そういえば、今日のファミ通のコナミの小島監督と内田明理氏とミノ☆タロー氏の対談記事が面白かったなぁ。小島監督がラブプラスの開発に参加したら面白かったのに。メタルギアシリーズ以外にもときメモシリーズの作品で何か担当されていた覚えがありますね。

                    このところ、恋愛シミュレーションゲームは売れても4万本ぐらいと言われ、それ程需要がないみたいですが、この作品は既に14万本出荷されたようでヒットしてしますね。

                    Amazonでは入荷しても直ぐに在庫切れしているみたいですが、最近では秋葉原や普通の量販店でも在庫見かけます。


                    ニンテンドーDSi LLの話題に戻りますと、これでニノ国を遊べば感動しそう。
                    あれ、アニメやCGのデキが良かったので、大きな画面で遊んでみたい作品です。

                    あと、ファイナルファンタジー外伝〜光の4戦士〜が今日発売になりましたが、FFといえば4、5、6に限る私にとっては、キャラクターが少しコミカルになりましたけど遊んでみたい気持ちになります。ただ、ファミ通の記事や公式サイトを見ると1作目と3作目の世界観を連想させますね。

                    ファイナルファンタジー外伝というと聖剣伝説の1作目を思い浮かべます。

                    東京ゲームショウに思う

                    2009.09.30 Wednesday

                    0
                      東京ゲームショウの一般デー2日間の日記を少し直しました。
                      2日目の日記にも写真を挿入しておいたわ。

                      一般デー1日目
                      http://chaviken.jugem.jp/?eid=1190

                      一般デー2日目
                      http://chaviken.jugem.jp/?eid=1191

                      今回のゲームショウで個人的に一番良かったと思えるのは、試遊を殆ど体験してこなかったので、はっきり言えませんが、試遊ではFF13など目玉商品を控えるスクウェア・エニックスではないでしょうか。

                      ステージの豪華さでは個人的にですがコナミですね。
                      今回はPSPの商品の販促がメインでPS3などのハイクオリティーな作品が展示が少なかったように思えます。

                      さらに個人的にはエンターブレインのファミ通ブースのしなハウスが楽しめましたけど、例年は掲示されている出演ゲストのスケジュールがなかったので、誰が来るのかが把握出来ず、調べるのに何度もブースの様子を見に行かなければ行けないので困惑しました。

                      思えば、ブースの配置はメインステージを含めて大きく変わったのに、エンターブレインのファミ通ブースだけは例年と変らなかったので笑いました。


                      コーエーテクモホールディングス、スクエニ・タイトー、バンダイナムコ・D3Pなどグループ参加が目立つようになりましたね。ところでD3Pはいつからバンダイナムコの傘下に入ったんでしょう。

                      レベルファイブブースもどんどん大きくなってゆき、試遊がDSiが250台で体験者には全員に豪華なプレゼントが配布されるなど太っ腹ですが、ドラクエ効果はあったけど、そこまで儲かっているのかな。

                      任天堂は単独で行っているので毎年不参加ですが、いつの間にかアトラスやタカラトミーも不参加になりましたね。


                      海外パビリオンも見ていくつもりでしたが、あまり時間が取れなかったので殆どスルーしてました。今回は台湾が大きく出展していたように思えます。

                      海外のゲーム事情を知るには見ておきたかったです。

                      思えば、ゲームショウって、ステージを優先するか試遊を優先するかなのですが、どちらも早朝から出掛けて置く敵のブースの整理券を取らないとならない上に、2〜3時間待ちとか当たり前なので、そこが改善しなければならないところですよね。殆どイベントがそうなのですけど。

                      なので、私は試遊はなるべくやらずに、行き当たりばったりでステージを見たり、巨大モニターの映像を見たりして楽しんだのです。
                      試遊、ステージ、コスプレなど、人それぞれの遊び方があっていいと思います。

                      ゲームしよう

                      2009.09.24 Thursday

                      0
                        東京ゲームショウ2009のビジネスデー始まりましたね。
                        私は一度もビジネスデーに行った事ないのよ。
                        過去に仕事関係者に出展者がいてチケット貰えそうだったけど、請負業者の身分だったため勤め先の事情で貰えなくなってしまったんだけどね。

                        http://www.famitsu.com/event/tgs/2009/

                        今回の目玉商品の発表って何でしょう。
                        マイクロソフトの“Project Natal”かな。

                        Wiiのような体感出来る操作が、リモコンなしで操作出来るような感じかなぁ。手や指を動かして操作するんでしょうね。遊びの幅が広がりそうですが、WiiやDSでやっている事をただ移したり、コピーしたりするだけじゃだめよ。

                        ただ、映像のクオリティーは遥かに上がるね。

                        ソニーもプレステ3にそういう機能をつけてもいいんじゃないのかなぁ。
                        研究はしていると思うが、コントローラーの時代は終わってもいい。

                        任天堂も今のWiiやDSよりも映像のクオリティーを上げられる容量のマシンを作らないととならないと思いますわ。

                        今回の目玉は、WiiやPSP3000が値下がったことでしょうね。

                        最近は、日本のゲームよりも海外のゲームの方がクオリティーが高いと言われているが、メタルギアシリーズのコナミの小島監督もそれを認めるような発言をされていたし、ハイデフマシンを生かせているソフトがまだ日本市場に少ない事や、オンラインゲームがそれほど普及していない点がポイントでしょうね。ただその国独特の文化があるので日本で大ヒットしたゲームが他国でヒットしないのと同じように、欧米で大ヒットしたゲームが日本ではヒットしない事と同じです。世界共通で遊べるゲームはアクションかレースに限られてしまいそうな気もします。

                        オンラインゲームはある意味中毒性があるからあまり普及してもらいたくないのだけど、メインをオンラインにするのでなく、繋ぎたいときにオンラインにするようなゲームが増えればいいんじゃないのかな。って今はそういうの多いよね。